【チーズのカビはなぜ食べられるの?】その理由やチーズに生えたカビの驚きの健康効果とは

2021.02.21

青カビ独特の風味がクセになるゴルゴンゾーラ(ブルーチーズ)やとろけるような濃厚な食感が特徴のカマンベールチーズ(白カビチーズ)など、チーズにはカビを利用して熟成しているものもありますよね。
しかし、一般的にカビは有害で食べてはいけないものですが、なぜチーズのカビは食べられるのでしょうか?
今回は、知っていると誰かに話したくなるチーズのカビの仕組みについてご紹介します。
チーズのカビはなぜ食べられる?その理由やチーズに生えたカビの驚きの健康効果とは

<チーズのカビが食べられる理由>

●実は他の食材に生えるカビも同じ

いきなり衝撃的なことをお伝えしますが、ブルーチーズの青カビとパンなど他の食品に生える青カビは同じ物質です。
何に生えようと「青カビは青カビ」です。
ペニシリニウム・ロックフォルティというカビです。
もちろんブルーチーズの青カビは食べても問題ありませんのでご安心ください。

●チーズの中では有害物質が増えない

これがブルーチーズに生えた青カビを食べても大丈夫な理由です。
ブルーチーズに生えたカビは安全なカビであるという説明は厳密には正しくありません。
青カビが生成する有害物質はチーズのたんぱく質や熟成環境などの影響によりほとんど生成されず、
生成しても非常に不安定なためすぐに分解されてしまうようです。

<有害どころか健康に良い効果が!?>

ブルーチーズのカビは食べても問題ないばかりか、ラクトトリペプチドという物質がいろいろと体に良い効果をもたらすそうです。
詳しく話すと化学的なお話になってしまうので、詳細を知りたい方は腸内細菌学会のページをご参照ください。
ラクトトリペプチド(lactotripeptides)について

<まとめ>

いかがでしたか?
食べられるとはいえ、やっぱりカビの生えたチーズが食べたくないという方もいらっしゃるかもしれません。
でもチーズに生えたカビが熟成を促し、チーズ特有の風味に貢献しているのも確かです。

ブルーチーズの種類などについて知りたい方はこちら。
ブルーチーズとは?どんな種類があるの?カビが生えても食べられるの?

もちろん、他の食品に生えたカビや冷蔵庫で保管中にカビの生えたチーズを食べてはいけませんよ。

お問い合わせご予約はこちら

05052699292

05052699292

ネット予約は24時間受付

ネット予約はこちら

店舗情報

CANTINA 立川店

住所
〒190-0012
東京都立川市曙町2-6-7 尾崎ビルB1
アクセス
JR立川駅 北口 徒歩1分
多摩モノレール立川北駅 徒歩1分
電話番号
05052699292
営業時間
緊急事態宣言の発令を受け、当面の間営業時間を20時までと致します。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。
※今後の情勢を踏まえ、予告なく変更する可能性もございます。

月~日・祝前日・祝日
ランチ 11:00~17:00
(L.O.16:30)
カフェ 15:00~17:00
(L.O.16:30)
ディナー 17:00~23:30
(L.O.22:30、ドリンクL.O.23:00)
決済方法
クレジットカード ; VISA  マスター  アメックス  JCB 

プライバシーポリシー | © Copyright CANTINA 立川店. All rights reserved.